テザリングは便利

テザリングとは

テザリングとは、スマートフォンをアクセスポイント(親機)として、パソコンやタブレットなどさまざまな機器(子機)をインターネット接続できる機能。

タブレット購入したい 契約どうする?

スマートフォンは、以前から使用しておりインターネットに関するパケット契約もそれなりの量で契約している。このパケット料金が、月々のスマホ料金の大半を占めるくらい負担は大きい。

前々からタブレット端末は欲しいと思っていたが、スマホ料金に加えタブレット分の料金も発生すると思うと躊躇していた。

しかしテザリング機能を使えば新たにタブレット分の契約しなくてもインターネット接続できることが分かればタブレット購入を前向きに考えた。
現在のスマホでもテザリング機能が使用できる事を確認しタブレット購入をほぼ決めた。

タブレット端末購入

タブレット購入時は、前々からAppleのiPadを候補と決めていた。

iPadには、二つのモデルがあり、Wi-Fiモデルか?それともWi-Fi + Cellularモデル?になる。
Cellularは、キャリア会社と契約したSimカード使用によるモデルであり、テザリング使用であればWi-FiモデルでもOKであり、このWi-Fiモデルを購入した。
なおWi-Fiモデルの方が、Wi-Fi + Cellularモデルより1万円程安い。ラッキー!

このWi-Fiモデルで、外出先ではスマホのテザリング機能により、自宅ではインターネット環境により使用できとても便利である。

テザリング設定 簡単

スマホとタブレットでテザリング機能を使用する時には、設定が必要であるが、簡単な設定でできる。
簡単に言えばアクセスポイント(親機)側スマホのネットワーク名とパスワードをiPadタブレット(子機)側で設定すればOK。
一度、設定すれば通常使用時は、スマホ側でテザリングのスイッチを切り替えるだけ。
テザリングは、スマホのパケット契約で、タブレット契約なしで使えるのはとても便利!!

テザリング 失敗 要注意

テザリングによりタブレットをインターネット接続し使用しているが、失敗もあり!

自宅では、インターネット環境(別契約)のルーターによりwifi接続、
外出先では、スマホのテザリング機能によりインターネット接続している。

ある時、外出先でテザリング使用し、そのままのテザリングのスイッチを切らずに自宅へ戻った。スマホのテザリング状態のままでタブレットを使用していた。

気づいた時には、既に遅し! スマホのパケット量をかなり消費してしまっていた。

<教訓>
テザリング、使用後は必ずテザリング切り替えをオフに!

SNSでもご購読できます。