登山

百名山を目指すか?

百名山は人気の山

近年、登山が人気の様である。
特に有名な山は、人気があり、登山道も多い。
さらに日本百名山の選ばれている山であれば、そのの人気は凄い。
登山道に行列ができる山もある。
 
ちなみに日本百名山とは、作家の深田久弥氏著書の「日本百名山」で紹介されている日本の名山100座である。

百名山踏破を目指すか?

登山をしていると百名山踏破を目指している人に会うこともある。
百名山踏破を目指すとした時、費用も時間もかなりかかるだろう。
でも踏破してみたい気持ちは大いにある。
 
そこで百名山が何処に分布を調べてみた。

<北海道の日本百名山 9座>
 
利尻岳・羅臼岳・斜里岳・阿寒岳
大雪山・トムラウシ山・十勝岳・幌尻岳
後方羊蹄山
 
<東北の日本百名山 15座>
 
岩木山・八甲田山
八幡平・岩手山
早池峰山
鳥海山・月山
朝日連峰
蔵王山
飯豊連峰
吾妻山・安達太良山・磐梯山
会津駒ヶ岳
燧ヶ岳
 
<関東の日本百名山 17座>
 
那須岳
筑波山
至仏山
武尊山
赤城山
男体山・日光白根山
皇海山
両神山
甲武信岳・金峰山・瑞牆山
雲取山
大菩薩嶺
丹沢
富士山
天城山
 
<上信越の日本百名山 12座>
 
越後駒ケ岳・平ガ岳・巻機山
谷川岳・苗場山
雨飾山・妙高山・火打山・高妻山
草津白根山・四阿山
浅間山
 
<北アルプスの日本百名山 15座>
 
白馬岳
五竜岳・鹿島槍ヶ岳
剱岳・立山・薬師岳・黒部五郎岳・水晶岳・鷲羽岳
槍ヶ岳・穂高岳・常念岳・笠ヶ岳・焼岳
乗鞍岳
 
<中央アルプス、八ヶ岳、美ヶ原の日本百名山 8座>
 
美ヶ原・霧ヶ峰・蓼科山・八ヶ岳
御嶽山
木曽駒ヶ岳・空木岳・恵那山
 
<南アルプスの日本百名山 10座>
 
甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳・鳳凰山・北岳・間ノ岳
塩見岳・悪沢岳・赤石岳・聖岳・光岳
 
<北陸、近畿、中国、四国の日本百名山 8座>
 
白山・荒島岳
伊吹山
大台ケ原
大峰山
大山
剣山・石鎚山
 
<九州の日本百名山 6座>
 
九重山・阿蘇山
祖母山
霧島山・開聞岳
宮ノ浦岳
 
百名山が、日本各地に点在しているのがわかる。あたり前かもしれないが。
 
百名山を目指すとすればどの様な攻略法になるかな?
 
季節は、春から秋までとし冬は避け、限られた日程で計画を立てるのもなかなか難しそうだ。
 。。。と言うことが分かった。早くも断念か?

登山 山とルート決め

登山 どの様にルート決める?

登山が人気の様ですが、皆さん目的の山やルートをどのように決めているのでしょう?
 
有名な山、標高の高い山、近い山、百名山、思いつきなど色々な理由で登山の候補を決めるのでしょう。
 
登る山が決まればルートですね。
難易度、険しさ、危険度、距離、所要時間、登山口のアクセスなど決める要素は沢山ある。
このルートの選び方によっても登り方、時間など大きく影響する。
 
ちなみに登山しますが、山とルートの決め方は、特に次のポイントで決めている。
 
・登る山:ある程度有名な山が候補・・・登山者があまりにも多くなく・少なくもない山。
・眺望の良い山
・険しく、危険度の少ない山・ルート
・登山口との標高差の少ない、なるべく楽な山・ルート
 
こんな感じでなるべく楽チン・安全に登山できる山・ルートにしている。
 

標高と標高差

山梨県の金峰山に登ることにした。金峰山は、標高2599mであり、それなりに高く、しかも日本百名山でもある。
山頂からの眺めも良いので登山候補としてぴったり。
 
ルートは、二者択一でどちらにでも選べる。さあ、どちらのルート!
 
<西稜線ルート>
瑞牆山荘登山口(標高約1500m)~富士見・大日~金峰山(標高2599m)
標高差:約1100m
 
<東稜線ルート>
大弛峠(標高約2400m)~朝日岳~金峰山(標高2599m)
標高差:約200m
 
どちらのルートも険しさ・危険度の少ないルートであるが、標高差がかなり違う。
大弛峠側からのルートでは標高差200mではちょっと物足りなさも感じてしまうが、楽に行けそうにも感じる。
瑞牆山荘側からでは、標高差:約1100mもあり、キツさを感じる。さてどちらにするかな?