パソコン

テザリングは便利

テザリングとは

テザリングとは、スマートフォンをアクセスポイント(親機)として、パソコンやタブレットなどさまざまな機器(子機)をインターネット接続できる機能。

タブレット購入したい 契約どうする?

スマートフォンは、以前から使用しておりインターネットに関するパケット契約もそれなりの量で契約している。このパケット料金が、月々のスマホ料金の大半を占めるくらい負担は大きい。

前々からタブレット端末は欲しいと思っていたが、スマホ料金に加えタブレット分の料金も発生すると思うと躊躇していた。

しかしテザリング機能を使えば新たにタブレット分の契約しなくてもインターネット接続できることが分かればタブレット購入を前向きに考えた。
現在のスマホでもテザリング機能が使用できる事を確認しタブレット購入をほぼ決めた。

タブレット端末購入

タブレット購入時は、前々からAppleのiPadを候補と決めていた。

iPadには、二つのモデルがあり、Wi-Fiモデルか?それともWi-Fi + Cellularモデル?になる。
Cellularは、キャリア会社と契約したSimカード使用によるモデルであり、テザリング使用であればWi-FiモデルでもOKであり、このWi-Fiモデルを購入した。
なおWi-Fiモデルの方が、Wi-Fi + Cellularモデルより1万円程安い。ラッキー!

このWi-Fiモデルで、外出先ではスマホのテザリング機能により、自宅ではインターネット環境により使用できとても便利である。

テザリング設定 簡単

スマホとタブレットでテザリング機能を使用する時には、設定が必要であるが、簡単な設定でできる。
簡単に言えばアクセスポイント(親機)側スマホのネットワーク名とパスワードをiPadタブレット(子機)側で設定すればOK。
一度、設定すれば通常使用時は、スマホ側でテザリングのスイッチを切り替えるだけ。
テザリングは、スマホのパケット契約で、タブレット契約なしで使えるのはとても便利!!

テザリング 失敗 要注意

テザリングによりタブレットをインターネット接続し使用しているが、失敗もあり!

自宅では、インターネット環境(別契約)のルーターによりwifi接続、
外出先では、スマホのテザリング機能によりインターネット接続している。

ある時、外出先でテザリング使用し、そのままのテザリングのスイッチを切らずに自宅へ戻った。スマホのテザリング状態のままでタブレットを使用していた。

気づいた時には、既に遅し! スマホのパケット量をかなり消費してしまっていた。

<教訓>
テザリング、使用後は必ずテザリング切り替えをオフに!

画像編集したい 写真のトリミングや画像の補正

写真編集したいが・・・

スマートフォンで簡単に、しかも綺麗に写真を撮ることができる。
さらにその写真をSNSなどに簡単にアップすることができとても便利。

SNSに写真をアップする時、気を付けているのがピンボケしていないか、綺麗に撮れているか、余分なものが写っていないかなどである。
スマホで撮った写真の中には、ピントがずれた写真ややけに暗いものなど、なぜこんな写真になってしまうのかな?と思う様な写真がある。撮る時に気を付けているつもりでもまともに撮れる写真は少ないし、それなりに綺麗な写真をSNSにアップしたい。

ピントのボケた写真は、基本的には即刻ゴミ箱にポイッと捨ててしまう。
もしもその写真が、とても重要な意味があり二度と撮れないようなものであれば迷ってしまうかも。なんとかピンボケを画像編集してくれるアプリでもあればいいのだが・・・

綺麗に撮れていなければ、例えば暗過ぎ、明る過ぎであれば画像編集アプリでそれなりに綺麗に補正したい。でも画像編集は難しそう。
同じく余分なものが写っていれば、必要な部分だけを切り抜き余分な箇所を削除したい。
画像編集が分かっている人であればアプリで簡単に切り抜きなんかできるだろう。
でも画像の基本もさっぱりわからないので画像編集のハードルは非常に高い。

画像編集にチャレンジ、さて編集アプリは?

画像編集は、ハードが高いと言っててもしかたないので、チャレンジすることに。
チャレンジすれば少しはわかってくるだろう。

画像編集を行うソフトには、何があるのだろう?
画像編集と言えば、Photoshopが有名であるが、無料アプリを探してみた。
Windows系パソコンであればOS添付ソフトの「ペイント」でしょう。
画像の切り抜きや画像サイズの変更ができそうである。
iOS系やAndroid系のアプリには、Adobe Photoshop系の無料アプリ Adobe Photoshop Expressがある。この無料アプリでもいろいろな機能がありそう。

まずはこれらの無料アプリで画像編集を試行錯誤しながらチャレンジしてみるのもいいかも。それで徐々にでも画像編集のことが分かってくるでしょう。

ブルートゥースって? スマホのイヤホン

ワイヤータイプのイヤホンって・・・

スマートフォンで音楽を聴いているが、この時に使用しているイヤホンは、普通のワイヤータイプのイヤホンである。

ワイヤータイプのイヤホン ブルートゥース接続にするか?

ワイヤータイプのイヤホンってちょっと面倒なこともある。

・ワイヤーが絡まり、解くのに時間がかかりイライラしたり
・ワイヤーを物に引っかけてイヤホンを外してしまったり

ワイヤーのデメリットで「イライラ感」や「あーやってしまった!」など感じることが多い。
でもメリットもあるかも。例えばイヤホンが耳から外れた時、落とすことなくぶら下がっている。これくらいかな。

近頃、勢いよくワイヤーを引っかけてしまったこともありイヤホンの調子がイマイチ。片側から音が出たり出なかったり状態になってしまった。断線しているようだ。そろそろ買い替えかな・・・

Bluetooth接続のイヤホン

イヤホンの買い替えを考えはじめたが、真っ先に頭に浮かぶのがBluetooth接続のイヤホンである。

ブルートゥース接続だったら、もちろんワイヤレスになり、ワイヤーの煩わしさは解消される。見た目もすっきりするかも。ブルートゥースのメリットだろう。

ブルートゥース接続のイヤホンを調べてみた。
値段は、ワイヤータイプとあまり変わらない。またスマホとイヤホンのブルートゥース接続時のペアリングも難しくなさそう。

これだったらブルートゥース接続し、スマホとイヤホンをワイヤレス接続で使えたら便利で良さそうである。

今までのワイヤータイプのイヤホンが不調になったので新しいイヤホンを買いに家電量販店へ出かけた。もちろんブルートゥース接続のイヤホン購入のためである。

Bluetooth使用って充電が必要

家電量販店でいろいろなイヤホンをチェックしてみた。もちろんブルートゥース接続の物やワイヤレスタイプの物の両方を。どちらも良い感じである。

ただ気づい点がある。なんとブルートゥースって充電が必要だ!!!
当然といえば当然かもしれないが、すっかり忘れていた。
この要充電は、ブルートゥースのデメリット。使いたい時に充電されていなかったらと・・・そんなことを考えると、このデメリットはかなり大きなストレスになってしまう。

ブルートゥースのメリットとデメリットで迷ってしまったが、結局今までと同じワイヤータイプのイヤホンを購入してしまった。使う時、ワイヤーの長さを短くし使っているが、この効果はかなりある様でストレスが少なくなったようである。もっと早くこの使い方にすれば良かったかなと思ってしまった。

パソコンの壁紙

パソコン壁紙 変更したい

パソコンを使っているが、デスクトップ画面の背景壁紙を変更したい。
 
画面の背景壁紙は、Windows10インストール時のままで、別の写真に変更したい。
 
デジカメでたくさんの写真を撮っており、壁紙にする材料はそれなりにあるはず。
自分で撮ったデジカメ写真を壁紙にするのもいいかもと思ってしまう。

パソコン壁紙 どう作ればいい?

ただ実際にパソコンの背景壁紙にする方法が皆目見当つかない。
 
試しにデジカメ写真をそのまま壁紙に設定したが、ピッタリ画面に収まらない。
 
ちなみにデジカメ写真のサイズは、たしか解像度は、4:3のちょっと大きな解像度だったが、
その解像度がいくつだったのかも分からない。ネットで画像の解像度の調べ方を検索すれば直ぐにわかると思うのだが、なにせ面倒臭い。
また、パソコン画面は、23インチの1920×1080で、16:9のワイドタイプ画面だった。
 
デジカメ写真のアスペクト比が4:3で、パソコン画面が16:9だったら、
単純に考えてもデジカメ写真が、パソコン画面にピッタリ収まるわけがない。
 
パソコン画面にピッタリの壁紙を作るには、比率4:3のデジカメ写真を16:9に変更しなければいけないようだ。でもどうやれば良いのだろう?
 
おそらく画像編集ソフトを使って写真の切り抜きなんかをするのだろうね!

ペイントでチャレンジ

Windowsパソコンには、Windowsアクセサリに画像編集ソフトのペイントがある。
このペイントを使えば写真の切り抜きもできるはずと思いチャレンジしてみた。
 
まずペイントに写真を読込み全体が見える様に表示させた。
次に切り抜きを行うが、その前に範囲の選択の様である。
ただ16:9の比率で切り抜くのは至難の業みたいで難しい。
 
きちんと16:9にはできないが、おおよその見当で切り抜き保存できた。

その切り抜いた16:9の写真でパソコンの壁紙に設定してみた。
おーーーなんとか様になってる~~ やればできる!